2018年05月

PFAブログをご覧のあなた、おはこんばんにちは!

若田です!


さてさて、大海コーチがいい感じにイジってくれたようですが、爽やかにシカトして、、、(笑)

今朝行われたCL決勝の感想を書いていこうと思います。


その前に、スクール生のみんなへ質問です!

TVやスタジアムでプロの試合や自分の試合をどれくらい観ていますか?

コーチは暇さえあればプロの選手の試合を観ています。

それと合わせて、コーチの所属している横浜猛蹴では平日は紅白戦、週末に練習試合や公式戦をしているので自分の試合の映像は必ず週に2試合は観ています。


コーチは今年、マンチェスターシティーに所属しているエデルソンという選手を参考にビルドアップのイメージを作ったり、マンチェスターユナイテッドのデヘア選手の構え方やタイミングの取り方を真似したりとプロの選手のいいところを映像で見て研究して自分のプレーに取り入れています。

そして、練習や試合の中でチャレンジして、その映像を観て改善点を探してトレーニングしてというサイクルで毎日過ごしています。

上手い選手の真似をすることが上手くなる一番の近道だと思います。そして、色々とチャレンジしてみることです。失敗を恐れず、どんどんトライするのがコーチのモットーです!

まずは自分のポジションで好きな選手を見つけて、研究して少しでも近づけるよう意識するといいと思います。



みんなへのアドバイスを入れたところで、CL決勝の感想に移ります。

本気で書くと長くなってしまうので、サラっといきます。







いやーーーー!!!!

GKとしては気持ちが分かりすぎる!!!!

カリウス、辛いよね!!!!


という感想です。(笑)


試合をご覧になった方は何を言っているかわかるかと思います。

試合をご覧になっていない方はハイライトのリンクをくっつけるで見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=DxgIhtGCB-0



今シーズン、不安定だったリバプールのGK陣の中でシーズンの途中から安定してプレーを見せ決勝までチームを導いてきたカリウス。

この舞台に来るまで、散々身体を張って相手のシュートを止めてきました。

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=6lIuiTb2ESg

でも、GKというポジションは残酷でほんの少しのミスや油断が試合の勝敗を簡単に左右してしまうのです。

『普段なら』、『落ち着いてやれば』、防げた失点だったかもしれません。

しかし、このCL決勝という舞台の重圧、チームを勝たせるために絶対ミスをしない、そんな普段とは違う気負いや見えないプレッシャーが何故かいたずらするんです。

タイムマシンがあったら絶対戻りたい、戻っていつも通り冷静にプレーするのに、カリウスはそんな気持ちだったと思います。

見ていて『うわ~やっちゃったな』という気持ちと、同じGKとして『わかるよ~』という気持ちが同時に押し寄せてきました。

そしてコーチの頭の中のタイムマシンが勝手に動いて(笑)コーチ自身の過去の大失敗を2つも思い出しました。


一つ目は高校3年生の時の選手権の準決勝。

ハーフタイムから雨が降り出し、雨雲で暗くなったスタジアムに照明がついて0-0で迎えた後半の終盤。コーナーキックから相手がヘディングシュートを放ち、ボールはコーチの正面のやや上の方に来ました。

”いつも通り”余裕でキャッチできると思ってキャッチした時に滑ってしまい、ボールはゴールに吸い込まれ、、、

これが決勝点となり、試合に負けて引退となりました。


二つ目は大学2年生の時の天皇杯東京都予選。

大学生の日本代表として世界大会に参加して帰国後1発目の試合でした。

コーチは代表で得た経験を活かして、この試合から更に活躍してやるぞと”気合を入れて”望んだ試合でした。

蓋を開けてみると、簡単なプレーだったのにキックミスをしてボールを相手に渡してしまい大ピンチを作ってしまいました。その後、同じようなミスは絶対にしないぞと気負ったのが悪かったのか、スローで味方選手にパスしたつもりがまったく飛ばずに相手選手に渡してしまい無人のゴールへ。

ありえないミスが短時間で続いた結果、前半で交代。試合もこの失点のせいで負けてしまい先輩たちからは罵られ、同級生や後輩からは冷ややかな目で見られました。


GKを長くやっているとこんな経験をしてしまうこともあります。

カリウスも若コーチも当然こんなことが起きないようにトレーニングもたくさん積んで準備をしたし、イメージもたくさんしましたがこういったことも時には起きてしまいます。

GKというポジションはなんて過酷で残酷なポジションなんだとその時は嘆きましたし、選手権で負けたときは3日間くらい学校に行けなかった記憶があります。天皇杯のときはどうだったか覚えてませんが、後半を眺める顔はリアルゾンビだったと思います(笑)


結局、ミスを挽回するには次にいいプレーをしてそれを少しづつ積み重ねていくしかないんです。

そしてその積み重ねていく中でもチャレンジを繰り返して失敗と小さな成功を繰り返して成長するしかないんです。

コーチはそうやってこの強烈で辛い体験を乗り越えてきました。


もしかしたら、みんなも同じような経験をするかもしれません。

でもその時はコーチの話を思い出して下さい。

起きてしまったことは変えられません。

変えられるのは次のプレーからです。

いつでもミスを恐れず、勇気を持って冷静にプレーすることが重要です。

次からいいプレーができるようにミスが起きてしまったその瞬間からしっかりと準備して、チャレンジをして、成長できるように頑張りましょう。


最終的に何が言いたいかっていうと、堤コーチ落ち込まないでということです!(笑)

それとカリウス!

来シーズンの定位置争い負けずに頑張ってくれ!サポーターに泣きながら謝るところを見て俺はファンになったぞ!(笑)



まとまりがない文章になってしまったので、最後に1枚の写真で締めくくりたいと思います。

IMG_3876


こんにちは、晴コーチです🌞


前回は軽い自己紹介とサッカー年表をざっくりと書いたので、今回は自分の生活について少し書こうと思います。

伝えたいことは今回も変わりません🗣


晴コーチには1日の始まりが2回あります。

え?って感じかもしれません。

1回目は皆さんと同じく、朝起きた時。

2回目はスパイクを履いてグラウンドに立った時。

この2回が自分にとっての1日の始まりであり、スイッチが入るタイミングです🔌


平日は月・水・木・金 で練習をして、土日は公式戦やトレーニングマッチがあります!

平日はだいたい22時〜23時頃に練習が終わります。それから家に帰って、お風呂→夜ご飯→就寝 といった流れです🌛

午前〜夕方にかけて、PFAの横浜校が使わせてもらってる練習場(スポーツジャングル10)のフロントで働いています。で、夕方〜夜にかけてスクール、そしてスクールが終わり次第、チームの練習に参加するという、毎日ほとんど決まったようなサイクルで1週間が終わります🍃


家に帰る時間は比較的遅い上に、朝がとっても苦手な僕は  まじで起きれない……  ってなることも多々あります。いや、むしろ毎朝そんな気持ちです💥笑

ただ、それがまた自分にとっては充実感を覚え、たまらなく幸せな生活です。


それは自分だけでなく、他の社会人サッカーをやってる沢山の人達もきっと同じで、ボールに触れるその瞬間の為にそれぞれが毎日 お仕事やお勉強 を頑張っています👨🏻‍💼👆🏻

グラウンドに出て、スクール生が笑顔で続々とやって来る時・チームの練習が始まる時に僕は疲れを忘れ、自然と笑顔になれます🍀


ここまで読んで頂いて分かるように、基本的にはサッカーが軸で、サッカーが中心です。

今年でサッカー歴19年目に突入した!と、前回書きましたが、プロサッカー選手として活躍してお金を稼いでるわけでもないのに、なぜ今もサッカーに夢中になっているのか。

サッカーをしている理由は人それぞれあると思いますが、自分は純粋にサッカーが楽しいし、いくつになっても上手くなりたいという気持ちがあるから かなって思います。


当たり前過ぎることを言いますが、それぞれみんなが持っているサッカーに関する夢や目標を達成する為にはまず、サッカーを続けて行くことが最低条件だと思ってます。その為に僕はボールや言葉を上手く使って、みんなにもサッカーを心から楽しんで貰えるようにと考えています!

技術面・戦術面はもちろんですが、そこをベースにして上手く教えていければと思います⚽️


このブログもまた自分にとっては、サッカーの魅力を伝える為の大事な機会になってるので、少しでもスクール生や保護者の方に伝わればいいなあと願っています🙏🏻💫

IMG_3842



今回はここら辺で🏆

以上、晴コーチでした!ではまた🤙🏻

Hello everyone!


とみコーチです。みんな俺のこともう忘れてるかな。

ブログで強烈なインパクトを残せるよう気合いを入れて書きます。

  

そういえばプレゼント企画。。。

正解者は少なかったのですが、、、、

その中で帰ったらジャンケン大会してもらおうと思います。笑

そして若コーチみんな好きすぎかよ。おこ。笑


コメント引き続きしてくれるとモンゴルでひとりぼっちのとみコーチは喜びます。



ちなみに今日はリーグ第4節でした。

3連勝がかかった試合。結果は、、、

IMG_3801


vs Gepro 3-0

勝ちました!!


3位が僕のチームAnduud City Clubです。

IMG_3800


前期はあと5節。次が折り返し地点です。



ではブログに行きましょう。

ちなみに前回のことコーチのブログで

大海の名前の由来を書いていましたが、、


僕の滅多に呼ばれない「拓海」という名前は

海を拓くような男になってほしいから拓海という名前をつけてくれたみたいです。


老け顔で25.6歳と言われるものの21歳の私とみコーチは19歳で海外生活を始めて、トランジットを含め行った国は


「アメリカ、オランダ、スペイン、ニュージーランド、トルコ、ポルトガル、ポーランド、ウクライナ、ラトビア、リトアニア、モンゴル、中国、韓国」


ヨーロッパ、アジアがメインの13カ国。

それなりに名前の通り海を切り拓く男になったのではないでしょうか。

まあ今いる🇲🇳は海ないんですけどね。笑笑

  

   

   

名前の話が長くなってしまいましたが今回は。。。

モンゴルでプレーするプロサッカー選手の日常を書いていこうと思います。

   

   

では5/17の木曜日。

12時からPress conference(試合前会見)に呼ばれたものの起床したのはなんと1120分。急いでシャワーを浴びて服を着替え髪の毛をセットして会場へ。

FullSizeRender


各チーム監督と選手1人ずつが会見に挑みます。モンゴル語はピッチ上で喋れるぐらいなのでもちろん英語で記者会見。

今回はトミは試合中ずっと叫んでるけどなんであんなにうるさいのって質問がありました。笑

みんな静かなぐらいだよと答えました。笑


そして会見が終わったら行きつけのカフェへ。

次節の対戦相手の情報をPCで見たりブログ編集をします。実はブログリレーはとみコーチ担当です。スタッフ陣みんなに忘れられないようにね。笑

カフェは毎日来ます。カフェラテが大好きなんです。笑

IMG_3416


そして16時に家に戻り練習の準備。

そして18時から練習。20時半に帰宅してウダウダして寝ます。

   

   

さて金曜日

朝から新たに始めたスペイン語の家庭教師Richardとスペイン語のレッスンです。

英語で教わります。今年の目標はまーくんとスペイン語で話すことです。笑

   

IMG_3751



そしてビザ関係の手続きでイミグレーションへ。そして監督とカフェでミーティングをして練習へ。


土曜日は髪の毛を染めてプールに行って他のチームの試合を見ました。最後めんどくさくなっちゃった。笑

IMG_3793

染めた後。


    

1日2時間のお仕事。

そして週末の結果次第でボーナスが入ったりクビになったり。サッカーで生活ができるというのはなんとも幸せなことです。

  

こんなところで僕も止まる気はありません。

もっともっと上を目指して顔晴ります。

そう、PFAの選手たちに負けないように。

   

   

今週の試合前3日間をさらっと晒してみました。

自己紹介はいつかしますね!ww


では皆様またいつか日本で。笑

Ciao!!!


 どうも、こんにちは!

ブロリーです!笑


今回も真面目さ100%でいきたいと思いますが、、

前回筋トレネタの事で頭がいっぱいだったので自己紹介をし忘れました。笑


と、いうことで簡単に!


小林 大海(コバヤシ コト)

1988年 5月 26日生まれ。

O型

好きな食べ物はラーメン、カレーライス、牛丼。(特に松屋の牛丼が好きです)

好きな芸能人は柴咲コウ、滝沢カレン、(今年に入り石原さとみが新たに加わりました)

好きなサッカー選手は川口能活選手です。


名前はなぜ大海でコトと読むのかというと、、


大きな海のように広く大きな心を持って欲しいという事、、 ではないみたいです。。

合コンで使えそうなネタですが、昔母親に聞いたところ変わった名前にしたかったからだそうです。

信じるか信じないかはあなたしだいですが僕はまったく信じていません。笑

しかし変わった名前なだけに学校の先生やコーチにいい意味でも悪い意味でも覚えられやすかった事はある意味よかったのかな?と今では思っています。笑


サッカーを始めたキッカケは小学四年生の時に川口能活選手に憧れて本格的に始めました。

当時、フランスワールドカップに日本が出場した事もあってかなり影響されていました。

毎日のように川口選手のビデオを見て部屋の布団でセービングの真似をしながら練習をしていたのを思い出します!

とにかくサッカーが好きでチームの練習がない日は学校が終わってから暗くなるまでずっとボールを蹴っていましたが見てのとうり変わった少年だったので一緒に付いて来てくれる友達も少なくボールがほとんど友達状態でした。笑

でもサッカーが好きな気持ちとサッカー選手になりたいと言う気持ちだけは誰にも負けたくないとその当時からずっと持ち続けたからこそ今の自分があると思っています。

僕の周りには上手い選手はたくさんいました。もちろん技術的なところも大事ですが最後まで諦めずに頑張れる奴が最後は勝つと信じています^ ^

今までサポートしてくれた人達の存在も忘れずにこれからもみんなと一緒に成長していけたらいいなと思っていますのでこんなブロリーをこれからもよろしくお願いします!

まとまりがあまりない感じで申し訳ないですが、最後に、、


先日部屋の掃除をしていたらこんな物が!!


お〜!!

IMG_3774



お!。。


こ、これは!!

IMG_3773




間違いない!

我らのボスです😳


ブロリーでした!笑


さて週2回更新予定のコーチ陣によるブログリレー。1周目は今回でラスト!中嶋コーチの投稿です。



こんにちは。

初めましての方もいるかと思います。

フィジカルコーチの中嶋です。


PFA スクールで、唯一サッカーのコーチではありません。

フィジカル(身体能力全般)を強化、あるいはその重要さを知ってもらう為みんなを指導させて貰ってます。


フィジカルトレーニングについて専門的な事も書きたいとも思ってますが、

流れに乗って、簡単に自己紹介とみんなに伝えたい事を書きます。


実はコーチも中学〜高校まではサッカー部でした。

横浜市立東高校という高校です。

知ってる人もいるかもしれません。

ポジションはGKでした。

PKと一対一を止めるのは得意だったのは覚えてますがそれ以外は下手だったので、特にサッカーで目立った思い出はありません。


さて、今書いたように、

コーチがサッカーを始めたのは中学の時、詳細は割愛しますが、真剣に取り組み始めたのは実質高校からでした。(オフサイドをちゃんと理解したのが高校の時)

高校にはみんなのように子どもの頃から真剣にサッカーに取り組んできた人ばかりで、かなりスキル、戦術理解共に差がありました。

かなり苦労した記憶です。


何が言いたいかと言うと、

みんなは恵まれているという事です。

素晴らしいコーチ陣に教われるという事を当たり前と思わず、どんどんコミュニケーションを取って色々な事を吸収してください。

コーチがこのブログを書いているのは母の日です。

ご両親や、周りの友達にも感謝を忘れずに。

みんなの環境は当たり前ではありません。


PFA スクールをより良い場所にする為、楽しく情熱を持ってこれからもサッカーに取り組んでください。


-----------------------------


ちなみにコーチがこのスクールで指導するきっかけは若コーチです。

当時若コーチがプレーしていた社会人チームにトレーナーとして加入した時に知り合いました。

当時チームにGKが若コーチしかおらず、どうしても練習試合に若コーチが来れない時に代わりに出場しました。

その試合がコーチにとって最後のサッカーの試合となりました。


ではまた次の機会に。


中嶋

↑このページのトップヘ